ページ内を移動するためのリンクです。
money_m

「収入」と「所得」の違いって何??

最近書店に行くとよく見かける種類の本があります。

みなさまも見かけるのではないでしょうか?

「お金にまつわる本」

資産運用、不労所得、金持ちがしている〇〇の法則

などなど

 

そして必ず出てくる言葉が「収入」と「所得」。

日常でなんとなく同じ意味で使ってそうなこの二つの言葉ですが

 

別物です!

 

この記事を読まれた機会にしっかり理解しておいてください。

 

 

 

例えば、自営業の方の場合

 

収入 = 売上

所得 = 収入 - 経費

 

売上が1000万円でした。経費は400万円かかりました。

この場合は

 

収入 → 1000万円  所得 → 600万円  となります。

 

 

 

では、サラリーマンの場合はというと

収入を給与収入、所得を給与所得と呼びます。

 

給与収入 = 給料の額面の金額  

 

今月の給与明細を見たら30万円でした。

 

そこから源泉所得税やら厚生年金やら社会保険やらが引かれて

口座に振り込まれたのは25万円でした。

 

25万円しか振り込まれいませんが、

給与収入は30万円です。

 

給与所得 = 給与収入 - 給与所得控除額

 

給与所得控除額というものを差し引いた金額になります。

 

この給与所得控除額とは

「サラリーマンでもスーツを買ったり付き合いで飲みに行ったり

経費は使うでしょ?だから給料に対してこれぐらいは経費として引いてあげるね」

というものです。

 

 

 

 

最後に、年金をもらっている方の場合です。

収入を年金収入、所得を雑所得と呼びます。

 

年金収入 = もらえる年金の金額

 

雑所得 = 年金収入 - 公的年金等控除額 

 

この公的年金等控除額とは先ほどの給与所得控除額と似たように考えてください。

 

 

税金はこれら「所得」に対してかかってきます。

 

いかがでしょうか?

ふーん、なるほどね

って思っていただけましたでしょうか。

 

 

カテゴリー:税金

今回の記事は山本会計事務所様にお応えいただきました。

税理士による相続・医療法人設立・経営サポートのことなら大阪市の山本会計事務所

山本会計事務所06-6351-3901

http://www.39yamamoto.com/

住所:〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-3-8 9階
営業時間:9:00~18:00