ページ内を移動するためのリンクです。

教育資金の贈与税はかかんない!!??

平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に30才未満の子供が親、祖父母等から教育資金のためにお金を贈与する事に対して税金はかからない事になりました。
その金額は1500万円です。(学校以外の支出に関しては、500万円が限度です!)
何回も何回も渡しても子供もしくは孫1人に対して1500万円までだったら贈与税はかからない。
教育資金にお金がかかる世代の子供を持つ親にとってこの制度はとても嬉しいものです!
ただ、注意すべき点は
受け取る子供、孫たちは30才になる日までにそのお金を教育資金のみに使用しなければなりません。残ってしまうとその残ったお金に対して贈与税が課されます。
開始手続きも銀行等の金融機関を経由しないといけないし、入学金等のお金をもらうのにも金融機関での手続きをしなければお金がもらえません。
税金がかからない分手続きは手間がかかります…。

ちなみに教育資金とは…
入学金、入学試験の検定料金、給食代、修学旅行、通学定期の代金、海外留学の代金、学習塾の受講料、野球等の指導料等
を言います。これは代表的なものであって、結構その追加費用も認めらています!

カテゴリー:相続

今回の記事は山本会計事務所様にお応えいただきました。

税理士による相続・医療法人設立・経営サポートのことなら大阪市の山本会計事務所

山本会計事務所06-6351-3901

http://www.39yamamoto.com/

住所:〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-3-8 9階
営業時間:9:00~18:00