ページ内を移動するためのリンクです。
a1750_000005

養子縁組について

養子縁組には「普通養子縁組」と「特別養子縁組」があります。
 
その違いは、普通養子縁組は実の親との親子関係が続いたまま養親との親子関係を作る縁組であり、
特別養子縁組は実の親との親子関係を断ち切り養親が養子を実子として取り扱う縁組の事をいいます。
 
よほどの事情がない限り普通養子縁組の方が多く行われているように見受けらます。
 
おじいちゃんが孫を養子にしたり、
息子の嫁を養子にして扶養したり学費の援助をしたり財産を相続させるために行われます。
 
役所で本人確認書類、場合によっては戸籍謄本を持参し養子縁組届を提出すれば比較的簡単に縁組をすることができます。
 
この場合相続税の計算上は法定相続人の数が増えるため基礎控除が600万円増えることになります。
しかし法定相続人の数に加える養子には制限があり、被相続人に実子がいる場合
は1人まで、実子がいない場合は2人までとなりますのご注意ください。
 
それと養子は養親の相続権が加えられますが、
実の親の相続件もなくなるわけではありません
 
ご興味のある方は役所の戸籍住民課までお問い合わせください。
カテゴリー:相続

今回の記事は山本会計事務所様にお応えいただきました。

税理士による相続・医療法人設立・経営サポートのことなら大阪市の山本会計事務所

山本会計事務所06-6351-3901

http://www.39yamamoto.com/

住所:〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-3-8 9階
営業時間:9:00~18:00